美容外科で働く

美容外科では美容に関する様々な治療を行なっています。わき毛処理などに代表される、脱毛処理や、二重まぶたの施術、まぶたのたるみをとること、これは加齢とともにどうしてもまぶたが垂れてきますのでそのたるみをとることで若返る効果が期待できます。他にはしみやニキビ跡をきれいにするここと、唇やあごのラインを細くすることなどがあります。

また、代名詞とも言えるのが豊胸手術です。これは脂肪吸引とセットで考える場合が多く、おなかの脂肪を吸引してバストに流し込むといった手法が一般的です。これは自分自身の脂肪ですからアレルギーが起きないということでここ最近ではこぞっておこなわれている豊胸術なのです。このような美容外科で働くのは美容外科医であることは当然です。他には看護師というところでしょう。美容外科をエステと勘違いしている人も多いのですが、治療をしてくれる人はれっきとした医師であり、スタッフはこれも当然ですが、看護師となります。ですから、一般の人が働くとなると事務スタッフとして働くしかないでしょう。

一般的に入院設備のある病院となっています。施術の経過によっては入院ということになりますから、看護師として働く際は夜勤を覚悟しなくてはいけませんが、病気で入院ということではないので一般的な病院の夜勤と比べても精神的な負担は少ないでしょう。駅前など、交通の便がいいところで開業していることが多く通勤に便利なのも魅力となっています。